ブログ一覧

認知症予防と健康 その4

 前回、プレデセン先生の書いた「アルツハイマー病の真実と終焉」という本を紹介し、アルツハイマー病の真の原因は、炎症・栄養素不足・中毒の3つで、それを知るため36のチェック項目があることを書きました。今回は、その中から特に重要な3項目をピックアップして説明します。
 最初は、空腹時血糖、空腹時インスリン、ヘモグロビンA1cの糖質代謝の検査です。
糖尿病は、最も重要な認知症の危険因子であることはすでに定説ですが、糖尿病にならないだけでなく血糖値はできるだけ低く抑えるほうがよいことが分かっています。高血糖は認知症に悪いだけでなく癌や動脈硬化にも悪いのです。その為に有効なのが糖質制限食と有酸素運動です。有酸素運動は食後が特にお勧めです。食後30分後頃から血糖値が上昇しますが、運動すると筋肉細胞が糖質を取り込んで使ってくれるので血糖値が下がるのです。
 2番目に細胞保護作用のあるビタミンB1、B6、B12、C、D、E、葉酸の血中濃度をチェックします。数値が低いビタミンは薬剤やサプリメントで補います。特にビタミンDは認知症の予防の他、骨を丈夫にすることは皆さんご存知でしょうが、さらに大腸がんの予防効果があることが注目されています。ビタミンDはしっかり摂ったほうがいいでしょう。
 3番目に不飽和脂肪酸であるオメガ6とオメガ3の血中濃度を測りその比をみます。オメガ6は炎症を促進し、オメガ3は抑制するのでオメガ3が多いほうが良いのです。しかし、私たちが日常生活で普通に取っているサラダ油、天ぷら油などはオメガ6を多く含んでいるので通常の食生活ではオメガ6の濃度が高くなってしまいます。従ってオメガ6の多い油は意識的に控え、オメガ3を多く含む油を積極的に摂ります。
オメガ3脂肪酸とはEPA、DHA、アルファリノレン酸などです。
EPAは魚、特にイワシ、サンマ、サバなどの青身魚に豊富です。積極的に食べましょう。
また、アルファリノレン酸は、亜麻仁油、エゴマ油に多く含まれます。サラダなどでかけて食べましょう。
 この方法は、認知症だけでなく動脈硬化を抑え脳卒中や心筋梗塞予防そして癌の予防にも有効です。
                              (竹下敏光)

2019年04月27日

認知症予防と健康 その3

今年3月に「アルツハイマー病の真実と終焉」という本が発売されました。
この手の一般書は、まゆつばものが多くあまり信用できないのですが、この本は違います。著者はアルツハイマー病の研究を30年以上続けてきた一流の研究者でアメリカ人のデール・プレデセン先生です。
 プレデセン先生は学術誌の論文も沢山発表しているのですが、自分の提唱する方法を少しでも早く広めて少しでも多くの患者さんを救いたいとの思いで一般書を書くことにしたようです。2017年8月にアメリカにおいて英語で出版され、日本語版は2018年3月出版と、すぐ翻訳されています。
 アルツハイマー病は、アミロイド仮説と言われる脳にアミロイドベータが溜まることが原因と考えられてきました。そして脳内のアミロイドベータを減らす薬を作ることに力が注がれ世界中でことごとく失敗してきたのです。
 しかし、プレデセン先生の研究によりアルツハイマー病の本当の原因が分かったのです。
それは、
1.感染、食事そのほかの原因による炎症
2.補助的な栄養素、ホルモン、その他脳の栄養となる分子の不足
3 金属や生物毒素などの有害物質   の3つです。
それらをもっと詳しく「36の要因」を特定しました。その要因を検査により見つけ出し、その要因を正常にするだけでなく最適値にする方法をリコード法と名付けました。
 リコードはReversal of Cognitive Decline(認知機能低下を元に戻す)を意味する英語の頭文字をつなげて作った造語です。
 アルツハイマー病の患者さんを対象にリコード法を行ったところ、約9割に回復が認められたとプレデセン先生達は2014年に医学雑誌に発表しています。9割有効とは驚きですね。
「36の要因」の内容については次回に紹介しますが、食事はグルテンフリー、糖質制限が有効なようです。
                               (竹下敏光)

2019年04月27日

認知症予防と健康 その2

 

 日本認知症予防学術集会に今年も参加し勉強してきました。
 第8回を数える今年の集会は9月22日~24日までの3日間東京で開催され、いつも以上に白熱した雰囲気を感じました。というのも昨年初めて認知症予防専門医が誕生しそれに続こうという医師が沢山いて、どの会場もほぼ満席だったからです。
 私は、今年の専門医申請には間に合わず来年の6月に申請して9月には認知症予防専門医の資格を取得できそうです。そして勉強して得た知識を生かして地域の認知症予防の為少しでも役立ちたいと考えています。
 さて、日本認知症予防学会にはエビデンス創出委員会なるものがあります。
エビデンスとは、日本語に訳すと「証拠」になりますが、ある薬、サプリメント、方法などが本当に有効な場合、エビデンスがあると言います。
薬に限らず様々なことが認知症予防のエビデンスがあるかどうか検討することも本学会の大きな使命なのです。
今年、新規にエビデンスありとされたのは、フェルガードというサプリメントです。これは米ぬかから抽出したフェルラ酸とガーデンアンゼリカ抽出物を混ぜたもので抗酸化作用、抗炎症作用、アミロイドベータタンパク質減少作用があり、臨床試験でも優位差を持って予防効果が認められています。フェルガードは当院でも取り扱っています。
 また、音楽療法特に楽器の演奏がエビデンスありとされました。さらに運動が良い事はもう皆さんご存知でしょうが、軽度認知障害を有する308名を対象にした臨床試験でも進行防止効果が確認されました。
 予防法や治療法は、効いたという個人の体験だけでなくエビデンスを確認してから取り入れることが重要です。
                                (竹下敏光)

2019年04月27日

認知症予防と健康 その1

9月22日から3日間行われた、第7回日本認知症予防学会総会学術集会に参加してきました。この学会は認知症の予防に重きをおいた、設立後まだ7年しかたっていない新しい学会です。
 私の専門は産婦人科ですが介護老人保健施設、介護老人福祉施設、認知症グループホームなどの介護施設を運営している為、認知症には以前から興味があり、昨年1月には認知症サポート医の資格を取得し、この学会には2年前に入会して勉強しています。
 予防といってもこの学会で扱っているのは、発症を予防する1次予防だけではなく、早期発見早期治療の2次予防、病気が進行しないようにする3次予防も含み、薬物に限らず、サプリメント、行動療法も含めて、それが良いか悪いかのエビデンスを出すことを学会の使命の一つにしています。
 そして、やはり力を入れているのが1次予防と2次予防です。勿論、1次予防できて病気にならないのがベストですが、今回はその1次予防について述べたいと思います。
 これまでの研究で、糖尿病の人は認知症の発症が2倍になることがわかっており、脂質異常症や高血圧症でも認知症の発症が増えます。また、歯周病、運動不足、ビタミン不足、会話が少ないなども危険因子です。
 従って認知症予防にはこれらと逆をすればよいことになります。先ずは糖尿病、高血圧症、脂質異常症など生活習慣病の予防が第一歩です。すでに病気の方は、薬剤などでしっかりコントロールしてもらって下さい。歯周病は歯科で治してもらいましょう。歩行などの運動をできるだけ毎日行いましょう。特に運動しながら計算するなどデュアルタスク運動がよいと言われています。食事はこれが良いというものはなく、野菜、海藻、魚を中心にバランスよく摂るようにします。そして家にばかりいないで社交的になること、趣味を持つことです。
 最近は良い薬もできたので病気の進行をかなり抑えられるようになりました。心配な時は受診し、早期発見治療を受けましょう。
竹下医院にはタッチパネル式の5分ぐらいで簡単に早期発見できる医療機器があります。
お気軽にご相談ください。
                               (竹下敏光)

2019年04月27日

みずき団子作り

 

介護福祉士 粒來です。
ショートステイ利用者と季節のさまざまなイベントを開催しています。
利用者参加型の行事として、一月は、水木団子つくり頑張った後は、「うきうき団子」(へっちょこ団子)を皆で頂きました。
作るより食べるほうを優先したあまり少し寂しい水木団子となりましたが、そこは職員の腕の見せ所で、とても華やかな水木となりました。(笑)
2月は、節分です。恵方巻を皆さんと作りたいと思います。
3月は、お雛様ですね。何を作るかは、考え中です。

2019年01月15日

豆腐と健康

こんにちは、2回目も事務の太田です。
2週間ほど前に主人と『への旅』に行きました。何のことはない、九戸、三戸、二戸の道の駅周りをしただけなんですが。
三戸(実は私の生まれ故郷)へ葡萄を買うのが目的だったのですが、もうリンゴだらけで葡萄はなく、松原せんべい店の柔らかい『せんべいのみみ』を大量に買い込んで戻ってきました。
最後に大野の道の駅で『岳豆腐』を買って帰りましたが、感動しました!
ずっしりとしたというか、しっかりした豆腐です。もう葡萄のことなんて吹っ飛びました。
また食べたいと翌週も大野の道の駅にいきました。産業まつりでたくさんのお客様で賑わっており、豆腐は売り切れたのか一個もありませんでした。『豆風鈴』と書かれた黄色のジャンバーを着たお母さんたちがいましたが、声をかける勇気もなくひとりソフトクリームを食べて帰って来ました。
手に入らないとなると無性に食べたくなりますよね、来週の休日また大野に行ってみます。

岳豆腐 豆風鈴
2018年10月24日

消火訓練実施しました

こんにちは 事務の太田です。
ブログ開始第1弾です。
先日、久慈消防署のご協力のもと火災を想定した通報訓練、消火訓練を実施しました。
休日の職員も参加し初期消火の訓練を行いました。

普段から、消火器の置き場所を知る。
消火設備の使い方を確認しておく。
避難時には、ドアを閉めて延焼を防ぐ。
避難後の人数確認。(当日の入所者、職員の人数の把握)
 
入所の方の人数は、毎朝確認しておりましたが、出番の職員数までは把握してませんでした。
また、ご近所の方々にお知らせしていなかったので、消防車をみてお隣さんがビックリしてました。驚かせてすみませんでした。(*_*;
ご指導くださった久慈消防署の皆さん、ありがとうございました。
次回は、車に乗せてください!

消火訓練消防車とおばさん
2018年10月11日

ホームページをリニューアル

竹下医院のホームページがリニューアルしました。

パソコンの他にスマホでも読みやすくなりまいた、ぜひご利用ください。

2018年09月01日

オプティマルヘルスと健康

オプティマル(optimal)を英和辞典で引くと、最善の、最適の、とあります。
オプティマルヘルスとは最善の健康のことで、まさにアンチエイジング医学が目指しているのがそれです。
 30歳、40歳、50歳、60歳と人は年齢を重ねますが、その年齢で望みうる「最善の健康状態」があり、それを維持することが「美しく元気に年をとる」ことになります。
40代の健康状態は、30代の時のライフスタイルに左右されるので、将来のオプティマルヘルスを目指す為には、ライフスタイルを整える必要があります。若い人は健康で元気なので、健康のことなど考えずに無茶をしがちですが、できるだけ早い時期から、健康的なライフスタイル、言い換えると生活習慣を身に着け実行すべきです。
 では、その良い生活習慣とはいったいどんなものでしょうか?
オプティマルヘルスを目指す場合も特別なことはなく、食事、適度な運動、ストレス解消の原則をより忠実に行うことです。
 先ず食事です。抗酸化、抗糖化を考え、何種類もの野菜、海藻を沢山いただき、血糖を上げないよう糖質の多いごはん、麺、パンなどの主食やお菓子、ジュース等は減らし、魚、脂身の少ない肉、卵など良質のたんぱく質を多く含む食品は多くします。卵はコレステロールが多いので、血中コレステロールが上がりよくないと健康に対して目の敵にされてきました。しかし、コレステロールの多い食事をしても血中コレステロール値には影響しないことが判明したので大丈夫です。それから、塩分とおこげは少なくします。
 次に運動です。特別な運動をしてもいいのですが、日常生活で体を動かす活動時間が多いとそれでOKです。私は通勤を遠まわりして1日6㎞程、速足で歩いてます。それと自宅でニュースを見ながらスクワットと腹筋を20分間行います。おかげで今65歳ですが体組成は30歳代を維持しています。
 ストレス解消は趣味を持つことをお勧めします。ちなみに私はクラシック音楽鑑賞が大好きで毎日自宅で聴き、時々コンサートに出かけます。カラオケなどもおすすめですが、くれぐれもアルコールが過ぎないようにしましょう。
 皆さん、是非オプティマルヘルスを目指しましょう!!

2018年06月26日

おかげさまで27周年

竹下医院は平成30年3月19日、27周年を迎えることができました。

ひとえに地域の皆様のお陰と、深く感謝申し上げます。

2018年03月19日