診療科目

方針イメージ
内科一般
 生活習慣病:高血圧症、脂質異常症など慢性腎臓病の検査をおこなっています。健診で要再検査、要治療の判定の方は、検査結果をお持ちください。検査、治療の他、管理栄養士による栄養指導を行っております。かぜ、胃腸炎、インフルエンザなど 発熱、ご気分の悪い方は来院前に電話でお知らせください。
婦人科一般 思春期/成熟期/更年期/老年期 ・・・ よくある女性の病気
 子宮筋腫、子宮内膜症の薬物療法、月経痛、過多月経、不正出血、月経不順、陰部のかゆみ、痛み、おりものの異常、更年期の女性にみられる症状がある方、イライラする・ のぼせ・発汗・冷え・ 体のだるさ
子宮脱、下垂感のある方
 軽度であれば骨盤底筋体操の指導をおこないます。症状により、リングペッサリーの挿入、手術療法が必要な場合はご紹介させていただきます。
骨粗しょう症治療
 骨粗しょう症の検査、治療 最新型骨密度測定装置(DEXA)導入し、腰椎と大腿骨での検査が可能です。
フレイル・認知症予防運動
 こんなことはありませんか?
・体重が2キロ以上減った
・ペットボトルのふたが開けにくくなった
・疲れやすくなった
・歩く速さが遅くなった
・ウォーキングなど軽い運動や体操を週に1回もしていない
・最近家から出られない

 フレイルとは 加齢とともに身体機能や生理機能が低下し健康障害におちいりやすくなります。このような状態を「フレイル(虚弱)」とよびます。
 放っておくと要介護の状態になりかねません。認知機能低下、社会参加活動の低下にもつながります。
 フレイルは予防することが重要です。
①運動により筋力をつける
②食事の内容、栄養状態を調べ、バランスの良い食事をすすめる
 予防対策をきちんと取り組むことで健康な状態に近づけることができます。