点滴療法

点滴

高濃度ビタミンC点滴療法 (がん治療・がん予防・アンチエイジング)

この治療の対象になる方は
⑴標準的ガン治療が無効な場合
⑵標準的ガン治療の効果をより確実にする
⑶標準的ガン治療の副作用を少なくする
⑷良好な体調を維持しながら寛解期を延長させる
⑸代替治療を希望する場合
有効な抗ガン剤や放射線治療がある場合は併用を推奨します。
免疫システムの増強、ガン性疼痛の軽減、食欲の改善や体調の改善が期待できます。

透析中の腎不全の方はこの治療を受けることはできません。
心不全、大量の腹水、強い浮腫のある方は、点滴で水分を血管内にいれることで病状の悪化を来す恐れがあるためにこの治療ができない場合があります。

ビタミンCは大量に経口摂取しても、吸収が悪くすぐに排泄されてしまいます。点滴はビタミンCの血中濃度を20~40倍以上に増やし、からだの隅々にビタミンCが行き渡りやすく高い効果が期待できます。

こんな方にお勧めです    
・疲れやすい ・日焼けをしてしまった ・ストレスを溜めやすい
・風邪をよくひく ・よく運動をする ・倦怠感を感じる時が多い
・タバコをたくさん吸う ・外にいることが多い ・お酒をよく飲む
・インフルエンザの予防 ・免疫低下を感じる ・活性酸素を除去したい

(高濃度ビタミンC点滴療法25gの場合 価格 7,560円)

マイヤーズ・カクテル/ビタミン・ミネラル点滴・注射 

人間の体の中に存在する栄養素であるビタミンやミネラルだけの点滴療法で、さまざまな疾病に有効です。

効果が期待される病気
気管支喘息、偏頭痛発作、全身倦怠・疲労、慢性疲労症候群、線維筋痛症、こむら返り、急性上気道炎、慢性副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、、慢性蕁麻疹、甲状腺機能亢進症、心不全、狭心症、生理不順など

「にんにく注射」とよばれるビタミンB製剤を投与する方法も治療のひとつです。
(にんにく注射 価格 1,000円)
(マイヤーズカクテル ショートコース 価格 2,000円)

グルタチオン療法

日本では既に40年以上も前からグルタチオンを自家中毒、つわり、妊娠中毒、薬物中毒、慢性肝炎の治療に使用しています。副作用も非常に少ない安全性の高い医薬品で薬の副作用の治療に使われることもあるくらいです。米国では抗ガン剤の副作用による指先のしびれ(末梢神経障害)、閉塞性動脈硬化症などさまざまな疾患の治療に使われています。また、パーキンソン病にも改善がみられた報告があります。

(グルタチオン療法 価格 1,620円)

アルファリポ酸点滴療法

糖尿病性神経障害、がんの代替医療、自己免疫疾患、肝炎、肝硬変に適しています。

(アルファリポ酸点滴療法 価格3,240円)

プラセンタ療法

プラセンタエキスにはアミノ酸、活性ペプチド、ビタミン、ミネラル、酵素、核酸といった種々の生理的な活性物質や肝成長因子、神経成長因子といった生理作用の強い各種因子が含まれています。肝炎、肝機能不全への効果がみられる医薬品の開発、アトピー性皮膚炎、神経痛、リウマチなどの痛みの緩和などさまざまな疾患への効果もみられます。
抗加齢領域でも注目されアンチエイジング、若返り、自己免疫疾患、アレルギー性疾患、婦人科系疾患(更年期障害、生理不順、月経困難、乳汁分泌不全症等)、また、美容目的分野として、美白、肌のたるみ、小じわの修復を目的に使用されています。
※プラセンタ療法を受けられると献血に一定の制限があります。

(プラセンタ注射   価格 1,850円)

G6PD活性測定検査

G6PD欠損症という赤血球膜遺伝性酵素異常がある方は、この治療を受けることができません。25g~50g以上の高濃度ビタミンC点滴療法を受ける場合、G6PDの検査を実施します。

(G6PD活性測定検査 価格 10,800円)

 

当院の医師は、点滴療法研究会メンバーです。
この療法を行うにあたって同意書の記入が必要
になります。保険適用外の治療となりますのでご希望の方は受付時に申し出てください。
当院では、高濃度ビタミンC点滴療法に使用するビタミンC注射薬は防腐剤が入っていない新鮮で安全な薬剤です。海外から冷蔵空輸されたものを使用しております。